Top  >  スヌイ

スヌイ

沖縄もずくは通称「太もずく」と呼ばれ、砂質の浅瀬の海に生息する海藻です。沖縄では養殖が盛んで、全国のもずく生産量の95%以上を占めています。太さは約2.5mmでやわらかく、ぬめり成分を多く含んでいます。沖縄では「スヌイ」「スヌリ」「スヌール」とも呼ばれ、親しまれてきた食材です。沖縄もずくの収穫時期は3月後半~7月前半で、沖縄では最盛期である4月の第3日曜日を「もずくの日」と制定しています。

もずくの主な成分のフコイダンは、藻体の表面に傷がついたときに細菌が侵入しないように体を守る働きがあることや、抗ガン作用があることが知られています。さらに超低カロリーで、整腸作用のある食物繊維が多く含まれています。その他、抗酸化作用、コレステロール低減作用、抗ウイルス作用、抗アレルギー作用などあるといわれており、海の薬草として注目を浴びています。また、酢を調味料として使用すると、その相乗効果により、O-157が短時間で消滅することなどが知られています。


洗いスヌイ シークヮーサー味 洗いスヌイ 酢じょうゆ 料理用もずく
タレをかけて食べるもずく
シークヮーサータレ付
タレをかけて食べるもずく
かつおだし酢醤油タレ付
もずくの佃煮
乾燥もずく フコイダン粉末 フコイダン液

 

株式会社ホクガン

  • 本社
  • 〒900-0001
  • 沖縄県那覇市港町3-6-1
  • TEL 098-862-2331 FAX 098-861-4281